国際金融の話 » Page 'プライベートバンクで投資を行う'

プライベートバンクで投資を行う

お金はお金のある所に集まる、という言葉があります。これはどういう意味なのかというと、資産を持っている人はその資産を運用することによってお金を生み出す事ができるため、より大きな財産を形成することが比較的容易である、という意味です。ただ、富裕層の人の中にも投資や運用について詳しく知らないという人もいます。こういった人達は、ただそのままお金を持っているだけでは却って損をしてしまう可能性があります。

というのも、日本における銀行の金利は極めて低く、大きな金額を預けて定期預金にした所で雀の涙です。それに反する形で不景気から脱出しインフレが始まっているため、このままではお金の価値は落ちていくことになります。持っているお金をそのまま持っているだけでは、価値が減少してしまうということです。

そのため、富裕層の方が多く利用しているのがプライベートバンクというタイプの銀行です。プライベートバンクというのはそれぞれの人の求めていることに応じたサービスを提供してくれるという銀行であり、例えば資産運用に対するコンサルティングや質問への回答、あるいは投資の代行などを行ってくれるケースもあります。ただし、加入には資産制限があることがあります。

Posted in 富裕層

Leave a comment