国際金融の話 » Archive of '2月, 2015'

投資信託利用に必要なコスト

資産形成に悩んでいるという人はかなり多いのではないでしょうか。公的年金があまり信用出来る状態にないことから、老後資金の確保などを目的とした資産形成を考えている人は増えています。そこでここでは、資産形成の方法の一つである投資信託について具体的に紹介していきたいと思います。

投資信託は自分が直接投資を扱うのではなく、その一部を外部委託する方法です。プロに運用をお願いすることによってメリットがあるのですが、その代わりとして投資信託の利用には別途コストが必要となります。

まず販売手数料が発生します。これは投資信託によって価格が違っています。中には販売手数料を設けていないファンドも存在しており、こういったファンドのことをノーロードファンドと呼びます。手数料は小さな投資を数多く行うタイプだと大きな負担となることが考えられます。

他には、信託報酬というものが必要となります。これは運用期間中に運用会社と販売会社によって徴収されることになります。事前に割合が決められているので、ファンド選択の指標ともなる重要なポイントです。

また、信託財産留保額というコストも存在しています。これは売却と解約時に徴収されるもので、掛からないファンドも多くあります。

Posted in 投資全般