老後に備えたお金の管理

自分が年をいた姿を想像するのは、容易なことではありません。ましてや、健康で働き盛りの年となるとなお更、自分が老いてしまうなんて信じられないというのが本音ですよね。

しかし、確実に人は老います。死亡率は100パーセントで、誰にも平等に与えられた指名でもあるのです。年老いて、自由が利かなくなってくる身体と付き合いながら、快適な暮らしを送るためには〝お金〟が大切な要素となるでしょう。しかも、超高齢化社会を迎えた日本にとって、増えるお年寄りの対応は経済にも深く関係があるのです。

今、頑張って働いたお金を貯蓄しているという人は多いかもしれませんが、本当にその金額で老後を生活できるかどうか考えたことはありますか?定年を迎えてから、最低でも3000万円。さらに、3億円あれば快適な暮らしができるといわれてます。さらに、年月が過ぎ老人が増えると、介護保険の負担が増えることも考えられますよね。

そこで、いま注目されているのが〝資産運用〟なのです。もくもくと働いて、お金を貯蓄するだけでは到底追いつかない、老後の貯蓄も〝資産運用〟で、すぐに解決できますよ!自分にあった、〝資産運用〟をみつけて自分をはじめ、大切なパートナーとの静かな老後の備えをしてくださいね。

Posted in 投資全般

情報化社会を見方につけよう

ネット環境が整い、世界との距離が以前とくらべぐっと近くなりましたよね。ネットから瞬時に、遠く離れた地域の情報が手に入る時代がもたらした変化はいたることろにあります。例えば、ネットで買い物をするのも当たり前の光景になりました。その他、ネットをつかったブログやツイッターなどで、個人の情報を発信できるようにもなりました。

そして、ネット環境の充実は、投資にも大きな影響を与えています。以前までは、投資というとお金もちや資産家という、敷居の高いイメージがありましたよね。しかし、投資の種類も豊富になり、少額から投資ができるとうこともあり個人投資家が急増しています。特に、不動産の投資は追い風がふいているようです。

その要因として、REITの存在があります。REITは、投資家から集めた資金で不動産を運用するための、市場のことをいいます。値動きの見えにくい不動産の情報をシステム化して取引ができるREITは、アメリカでは一般的ですが、あまり日本では聞きなじみがないかもしれません。

また、REITは年2回の運用についての報告があるので、細かな情報をチェックすることもできますね。投資で、明るい未来を手に入れて、理想の暮らしをおくりましょう。

Posted in 投資全般

お金に目的をもたせよう

生活に必要なお金ですが、ちゃんと理解をしている人は少ないように感じます。お金は、とても寂しがりやでお金が集まっているところに集中して集まるようです。この話は嘘が本当かはさだかではありませんが、お金を多く手にしている人はごく一部だという事実があります。

なぜ、お金もちになれるのでしょうか?お金もちの共通点のひとつに「お金に目的をもたせる」ということがあります。ただなんとなくお金と付き合っているだけでは、お金の価値を見出すことができずに、お金が手に入ってもするするっと手元から去っていくでしょう。また、お金にあまりにも執着しすぎても、豊かな人生にはつながりません。

お金に目的をもたせることで、お金と適度な距離をたもちながら、手元のお金を増やすことにつながります。例えば、資産運用をしたいと思っているのであれば、どうして資産運用をしたいのかを明確にすることで、おのずと道が開けてきます。今では、資産運用の種類も豊富なので、ライフスタイルにあった内容を選ぶことで、無理なく資産の運用をすることができますね。

少額な資産でも、運用する方法はいくらでもあります。アイディアひとつで、お金が何倍にでもなるのが資産運用です。

豊かな社会を志す起業家の熱きメッセージ談はこちら!
情熱社長~情熱的なベンチャー企業社長のメッセージ~

Posted in 投資全般

海外投資は円安リスクを分散できる

日本は借金の多い国です。また、年金の問題や税制などで日本もいつか破綻してしまうのではないかと危ぶむ声も少なからずあることは事実です。日本が破綻するというのはまだ考えづらい状況ではありますが、リスクは存在しています。また、破綻しなくても日本円の価値が落ちるリスクはあります。つまり円安です。
もしも日本円だけで資産運用を行っていると、どれだけ上手に資産運用していたとしても円の価値が下がれば資産の価値は下がります。しかし、もしも日本円だけでなく、ドルやユーロなど日本円以外の通貨で運用していれば日本円のみの運用以外でもリスクを回避することができます。

資産運用の一つで海外投資を選ぶ方が多いのは、そういう日本円の持つリスクを踏まえている部分があってのことです。海外投資をする方の中でもオフショアで投資をすることで分散投資をすることにもなります。

もちろん、どこの国によっても通貨の価値が下がるリスク、国そのものが破綻してしまうリスクはついて回ります。しかし、その中でも経済的に上昇する見込みのある国とそうでない国はそれぞれ異なります。日々の為替情報をチェックして、日頃自分自身が持つ資産がどのように変動しているのかをチェックすることが大切です。

Posted in 投資全般