お金に目的をもたせよう

生活に必要なお金ですが、ちゃんと理解をしている人は少ないように感じます。お金は、とても寂しがりやでお金が集まっているところに集中して集まるようです。この話は嘘が本当かはさだかではありませんが、お金を多く手にしている人はごく一部だという事実があります。

なぜ、お金もちになれるのでしょうか?お金もちの共通点のひとつに「お金に目的をもたせる」ということがあります。ただなんとなくお金と付き合っているだけでは、お金の価値を見出すことができずに、お金が手に入ってもするするっと手元から去っていくでしょう。また、お金にあまりにも執着しすぎても、豊かな人生にはつながりません。

お金に目的をもたせることで、お金と適度な距離をたもちながら、手元のお金を増やすことにつながります。例えば、資産運用をしたいと思っているのであれば、どうして資産運用をしたいのかを明確にすることで、おのずと道が開けてきます。今では、資産運用の種類も豊富なので、ライフスタイルにあった内容を選ぶことで、無理なく資産の運用をすることができますね。

少額な資産でも、運用する方法はいくらでもあります。アイディアひとつで、お金が何倍にでもなるのが資産運用です。

豊かな社会を志す起業家の熱きメッセージ談はこちら!
情熱社長~情熱的なベンチャー企業社長のメッセージ~

Posted in 投資全般

海外投資は円安リスクを分散できる

日本は借金の多い国です。また、年金の問題や税制などで日本もいつか破綻してしまうのではないかと危ぶむ声も少なからずあることは事実です。日本が破綻するというのはまだ考えづらい状況ではありますが、リスクは存在しています。また、破綻しなくても日本円の価値が落ちるリスクはあります。つまり円安です。
もしも日本円だけで資産運用を行っていると、どれだけ上手に資産運用していたとしても円の価値が下がれば資産の価値は下がります。しかし、もしも日本円だけでなく、ドルやユーロなど日本円以外の通貨で運用していれば日本円のみの運用以外でもリスクを回避することができます。

資産運用の一つで海外投資を選ぶ方が多いのは、そういう日本円の持つリスクを踏まえている部分があってのことです。海外投資をする方の中でもオフショアで投資をすることで分散投資をすることにもなります。

もちろん、どこの国によっても通貨の価値が下がるリスク、国そのものが破綻してしまうリスクはついて回ります。しかし、その中でも経済的に上昇する見込みのある国とそうでない国はそれぞれ異なります。日々の為替情報をチェックして、日頃自分自身が持つ資産がどのように変動しているのかをチェックすることが大切です。

Posted in 投資全般